2010年05月01日

海外の競馬

海外競馬の話です。

海外の競馬ですが、さまざまな国で競馬が行われています。

例えばフランス。有名なレースに凱旋門賞があり、今年はディープインパクト号が出走して話題になりました。

過去にも日本馬が出走して話題になっています。過去の日本馬の最高着順は2着でした。


競馬無双 | 勝利競馬 | 馬券投資教本 | 競馬を見に行こう

posted by zatutishiki at 10:42| マネー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

カードローンの種類

カードローンと言われるものには、消費者金融系(所謂サラ金)、クレジット金融系、大手銀行系の三種類があります。消費者金融系、クレジット金融系のカードローンは早くからありました。カードローンの人気あやかり、大手銀行系のカードローンは一番最後に、カードローン業界に参入してきました。

消費者金融などの小額融資のニーズがあるのは、カードローンの人気を見るまでもなく、明らかです。高い金利で貸し付けを行っている、悪質な中小のカードローン会社はまだまだ多く、小手先の規制強化を行っても、雨後の筍のごとく、消えては現れてきます。カードローンの健全な発展には、小額融資に対する社会的認識を変える必要があります。

カードローンの人気の裏側で、整理屋と呼ばれる集団がいます。多重債務者を対象とした、ヤミ金関係者の常套手段というか、消費者金融の世界ではおなじみの人たちです。多重債務者から債務を整理する見返りに、多額の手数料をとるもので、ヤミ金などの悪質な業者や、悪質弁護士や自称弁護士が組織的に行います。

人気のカードローンを、健全な金融システムに育てるなら、規制を強化するだけでなく、規制の内容を検討する必要があります。カードローンのイレギュラーな運用に対して、法的罰則の強化や、金融業者の監視体制の強化などは、まだまだ未整備と言わざるを得ません。

ローン関連サイト
消費者金融からの借入について
低金利融資の金融商品を選ぼう
無職キャッシングの審査
低金利融資の金融会社
女性専用キャッシングを賢く利用しよう

お気に入り情報サイト
知っておきたい雑学情報

posted by zatutishiki at 00:19| マネー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

外国為替証拠金取引(FX)の税金の知識

外国為替証拠金取引(FX)で忘れがちなのが、税金についての知識です。税金の支払いについては、押さえていないと大きな問題を引き起こします。特にむずかしい問題ではありません。外国為替証拠金取引(FX)によって得た利益(為替差益、スワップ金利)がありますね。得た利益に一定の割合で税金がかかります。では、どのように税金がかかるのでしょうか。

現在、日本の税制は、総合課税と分離課税方式があります。外国為替証拠金取引(FX)の利益は、雑所得に該当し、東京金融先物取引所から購入した場合(くりっく365)は、申告分離課税に該当し一律20%の税金がかかります。その他からの購入した場合は、その他の所得と合算され、超過累進税率(15%から50%)によって税率が決まります。

税率以外にも、それぞれ特徴があります。申告分離課税の場合は、一律20%税金が取られますが、3年間の範囲内で損失の繰越が合算できますし、他の商品とも通算可能です。総合課税の場合は、損失や他の商品と通算はできませんが、1年間の利益が20万円に満たない場合は、申告する義務はありません。但し給与所得者で2000万円以上の年収がある人は例外です。

また、それ以外に注意することは利益の確定です。スワップ金利は毎日利益が出ますが、取扱い業者によって、毎日利益とみなす場合と、その都度繰り越して、売ったときに利益としてみなす場合とありますので、これにより、利益が異なってきますので、自分の戦略によって取扱い業者を選ぶことも大切になります。


関連サイト
郵便局の投資信託
外貨貯金をはじめよう
外貨貯金の運用
外貨預金のメリットとデメリット

おすすめ情報サイト
雑学のお勉強

posted by zatutishiki at 16:09| マネー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

住宅ローンアドバイザーについて

住宅ローンアドバイザーは、任意団体である住宅金融普及協会または金融検定協会が認定試験を行なっている資格です。住宅ローンの商品は複雑で多岐にわたっています。この住宅ローンを適切にアドバイスする人を育成するために国土交通省が取りまとめした資格です。

どのようなアドバイスが受けられるかというと、住宅ローンの基礎情報・基礎知識、金利の種類や返済方法、「借りられる」ではなく「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローンの計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなどです。

ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。

実際に住宅購入予定者が住宅ローンアドバイザーの養成講座に申し込むのも住宅ローンを把握する上で良いでしょう。住宅ローンの基礎知識を一通り学ぶことができます。講座は二通りあり、もう一つは応用コースです。こちらは実務者向けで実際に借り入れする方へのアドバイス者向けとなります。

住宅ローンを借り換えよう 消費者金融からの借入

posted by zatutishiki at 10:17| マネー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。